パンクした自転車について

今年の前半ごろに自転車を買ったんです。自転車で一番安い1万3千円くらいの中国製のやつでした。
べつに乗れればいいやと思っていたんですが、これが失敗でした。
なんと、数ヶ月しか使わないうちにタイヤに異常が起こりました。空気が抜けているのかと思って自転車やで何回か空気入れで空気を入れてみるものの、
しばらくするとやはり走っていると「ゴトッゴトッ」となるのです。

まいったなあと思ってインターネットを調べると、「虫ゴム」という、タイヤの空気を入れる部分が悪くなっているかもしれないということを知り、
ホームセンターで100いくらで買ってみました。そしてこの新品の「虫ゴム」を先日自転車にはめて、自転車屋で空気を入れてみました。しかしやはりタイヤは元に戻りませんでした。店の人に頼んでちょっとよい空気入れみたいなのをタダで入れてもらいました。店の人に事情を話すと、24時間してまた壊れたらパンクの可能性が高いということでした。

最初は元に戻ってちゃんと走れていたんですが、数分間走っているとまた駄目になりました。
そのときはお金をもっていなかったので、翌日自転車屋にパンクを修理しに行きました。
この前の自転車でもそうだったんですが、どうもタイヤの耐久性に納得がいかないんですよねえ。