キリンウォーターサーバーの交換でてんやわんや

 富士山の自然でろ過された、きれいな天然水が飲める「キリンウォーターサーバー」。水にこだわったキリンだからこそできる製造は、多くの方に利用されています。
キリンではビニールパックを採用しており、水純度の高さと軽量なところが特徴です。一方、パック交換時にトラブルが発生する場合もあるのです。

 従来との違い
 これまでのウォーターサーバーは”ボトル”で管理されていました。普段購入しているペットボトルを大きくしたようなものがほとんどで、真上から取り付ける形になっています。
その重さは女性の方では厳しいものがあり、機械部分とボトルとの間から雑菌が繁殖する事もありました。やわらかなビニールパックを導入することで水部分と機械部分との接触が極力少なくなりました。

 トラブルを防ごう
 しかし、取り付け時や交換時にはトラブルが付きものです。それらをご紹介します。
・水漏れしてしまう
本体の傾きにより水が漏れてしまう、パックとの接続がきちんとできていない。この2つが多くの水漏れの原因です。取り付け時にはポンプ器具をパックに差し固定する必要があり、この時に緩むと後に漏れてしまいます。
・取り付け時にコンセントが刺さったまま
水が内部にない状態でコンセントを指したままにすると火災防止のためお湯が出なくなることがあります。必ず抜いてから取り付けをしましょう。
・水が臭う
内部にはクリーン機能が搭載されていますが温度の高いところ、湿気の多いところに置いてあると注ぎ口などにカビが発生することがあります。こまめな掃除も大切です。

「キリンウォーターサーバー」ではメンテナンス料も無料ですので、もし分からないことがあればサポートに連絡し、業者の方に見てもらうのが良いでしょう。