肝臓病の症状とは

肝臓病の症状には幾つかの原因と症状が存在します。肝臓病とは肝臓の組織や細胞に炎症やダメージが起こるとなる病気になります。この状態の時の肝臓は赤く腫れ上がっています。肝臓に炎症やダメージが起きても痛みを感じる事が無いので中々気が付く事が有りません。肝臓の原因には大きく分けて4つ存在します。一つ目がウイルス性になり肝炎ウイルスに感染すると起こる症状になります。多くの日本人はA型やB型、C型が多いようです。次にアルコール性の肝炎が存在します。日頃から大量のお酒を飲まれる方に起こりやすい症状になります。

肝臓はアルコールを分解する役目が有る為に負担が掛かり過ぎる事が原因とされています。次に薬剤性による肝炎になります。薬を服用して起こる肝機能障害が原因になります。薬の場合は直接起こる中毒性肝障害や間接的に起こるアレルギー性肝障害に分かれます。最後に免疫性で起こる肝障害が存在します。女性や更年期の方に起こりやすい症状になります。肝臓病の症状には大きく分けて3種類存在します。一つ目が急性肝炎になりウイルスが原因になります。次に慢性肝炎になり6か月以上の炎症などが続きます。正しく過ごさないと肝硬変や肝臓がんの原因になります。最後に劇症肝炎になり場合に依っては死亡率が非常に高くなります。