食生活で気を付けるポイント

薄毛には食生活の改善が必要になってきます。
では、どのような点に気を付ければいいのか、調べてみました。

・塩分の摂りすぎ
高血圧や腎臓機能を低下しやすくなります。
これらの症状を起こすと血流を悪くしてしまい、頭皮に血液が不足してしまいます。

・糖分の摂りすぎ
糖分を多く摂りすぎてしまうと、皮脂が過剰分泌されてフケの原因になります。
これを放っておくと抜け毛の原因になってしまいます。

・動物性脂肪の摂りすぎ
動物性脂肪とは、ラードやバター、チーズ、卵などに含まれています。
これもまた皮脂を過剰に分泌してしまうのでフケ、そして頭皮の皮脂が汚れを吸い込んで毛穴が詰まるという現象も起きます。
摂りすぎると血行が悪くなり、髪の毛の成長を妨げてしまいます。

・刺激の強い食べ物
辛いものは血行をよくする働きがあり、汗を過剰にかくことになります。
頭皮が脂っぽくなって毛穴が詰まりやすくなります。
コーヒーも刺激が強いので飲みすぎには注意しましょう。

・アルコールの摂りすぎ
タンパク質は肝臓で作られているため、肝臓に負担がかかるアルコールは飲みすぎないようにしましょう。
肝臓に負担がかかってしまうとタンパク質をつくるのが難しくなります。